関係代名詞 what の覚えておくべき用法です。「~すること、もの」では訳せない用法について。必須!

関係代名詞 what は、非常に便利な語ですが、同時になかなか理解しにくいところもあります。

今回は、what の用法の中で、特に重要な用法について解説です。

例文。

He is not what he was last year.

この文の意味は何でしょうか。

それは、

 

「彼は去年の彼ではない」

です。

この what の使い方が重要です。

つまり、what の後に be 動詞が使われたときの意味の取り方について、です。

 

覚え方。

1 what S is「現在のS」

2 what S was「過去のS」

3 what S was 10 years ago 「10年前のS]

と覚えます。

それぞれの動詞の時制に注目してください。

1は、is が現在時制ですから、「現在のS」と訳すわけです。

例文です。

Japan is not what it was 50 years ago.

この文は、

「日本は50年前の日本ではない」

と訳すのですね。

 

いかがでしょうか?

このように覚えておけば、what の後に be動詞が使われたときにうまく訳せますよ。

ぜひ参考にしてください!

コメントを残す

*