マイクル・コナリーについて。第2弾、そのミステリーとしての魅力。