形容詞の叙述用法と限定用法で意味が異なるもの3つ、知ってますか?

形容詞には2つの用法があります。

「限定用法」と「叙述用法」と呼ばれています。

 

「限定用法」とは、名詞の前に置かれてその名詞を説明するものです。

Whose is this red hat? 「この赤い帽子はだれのですか」

この文では、red という形容詞が hat という名詞を説明しています。ほかの色ではなく赤色のもの、という限定する働きですね。

 

「叙述用法」とは、形容詞が動詞の補語として使われるものです。

My uncle is very tall. 「私の叔父はとても背が高い」

この文では、形容詞の tall が 動詞 is の補語として用いられていますね。述語の部分に用いられるので、叙述と言われます。

 

ここで、同じ形容詞がこの2つの用法で意味が異なるものを紹介しましょう。

3つあります。

①certain

He has a certain charm. 「彼にはある種の魅力がある」

It is certain that he went there. 「彼がそこに行ったのは確かだ」

このように、certain は「限定用法」では「ある~」、「叙述用法」では「確かな」という意味です。

②late

The late Mr. White was a famous writer. 「故ホワイト氏は有名な作家だった」

He was late for the appointment. 「彼は約束の時間に遅れた」

late は、「限定用法」ではすでに亡くなった人に用いる「故~」であり、「叙述用法」では「遅れた」であり、全く異なる意味になります。

③present

Please write your present address here. 「ここにあなたの現住所を書いてください」

All the students were present yesterday. 「昨日は生徒全員が出席していた」

present は、「限定用法」では「現在の~」、「叙述用法」では「出席して」の意味となるのですね。

 

いかがでしょうか?どれも英語長文には頻出であり、しかも間違いやすいものばかりです。

どうぞ参考にしてください。

コメントを残す

*